000
 今回はbeats by dr.dreのbeats mixrの商品をご紹介したいと思います。
 
 まずは製造メーカーについて簡単にご説明。ビーツ・エレクトロニクス社はアメリカのラッパーでありプロデューサーのドクター・ドレーとレディガガやU2、エミネムなどのトップアーティストが所属するインタースコープ・レコードの会長ジミー・アイアヴィーンが協力して2008年に設立した企業で、特にヘッドフォンが有名でブランド名は「beats by dr.dre」圧倒的でパワフルな低音を強調したサウンドとクリアの高音質で多くの顧客を魅了し続ける製品を生み出している企業です。

 製品ブランドの「beats by dr.dre」は設立後にモンスターケーブル社と2008年に契約締結して以来、Noel Lee氏のモンスターケーブル社の設計・デザインによって生み出されたブランドで、様々な有名アーティストとコラボレーションすることで特に若年層を中心に世界中で圧倒的な支持を集めているブランドとして有名です。(現在はモンスターケーブル社とは契約終了となっており、製品デザインはビーツエレクトロニクス社によって続けられています。)
 有名アーティストとのコラボレーション商品では米国の歌手レディー・ガガが製作に参加した製品Heartbeatsやアメリカの歌手のディディが製作に参加した製品Diddytbeatなどが有名です。

 現在のビーツエレクトロニクス社は2014年にビーツエレクトロニクス社はApple社によって買収を終了しiphoneなどのApple社製デバイスとの組み合わせを行いながら更に高品質な製品を提供し続けています。

 さて「beats mixr」はフランスパリのDJ兼音楽プロデューサーのDavid Pierre Guetta(デヴィッド・ゲッタ)氏とBeats Dr.Dreで共同開発したプロフェッショナルヘッドフォンとして2011年の製品リリースされました。他beats製品に比べ軽量なヘッドホンであることが特徴です。

 デザインは「beats」ならではの先進的でシンプルなデザイン、特にヘッドケース部の特徴ある「b」の文字が印象に残るデザインになっています。私が使用しているのは「black」。漆黒の本体とワインレッドのケーブルが斬新的な印象を与える色の組み合わせ。

 リモコンは3ボタン式のボリュームコントロールの他トラックコントロール付きインラインマイクが搭載されており複雑な操作がいらない仕様になっています。ケーブルの取り外しも可能になっており、もし断線などが発生した時も取り換えが簡単で安心ですね。

 さて実際に音を聞いてみると低音を強調したサウンドとクリアな音声は勿論、ヘッドホンのイヤーピースが耳に覆いかぶさる構造でまるで間近で原音を聴いているような臨場感が味わえるサウンド。現代ではどうしても音楽だけを聴くことに集中できないことの多い時代ですが、お気に入りのミュージックを周囲の音を気にすることなく「音楽を聴くことに」のめりこむことができる製品だと感じられました。そしてその軽量な本体は気軽に持ち運びができ長時間ヘッドホンをしていても疲れないポータブルヘッドホンとして最適です。

 そのデザイン性、ポータビリティ性、サウンド、どれも完成度の高いヘッドホン「 beats mixr 」。ぜひ音楽にこだわりを持って聴きたい方にオススメです。