カテゴリ:
東芝より11月上旬に液晶テレビの新機種が発売されます。

 今回発売となったのはJSeries、ZSeriesの2シリーズですが、現行機種よりも更に画質は高画質となりデザイン性に優れたモデルとなっているようです。

 J8SeriesではJ7シリーズのの3次元フレーム超解像度技術での画素復元技術を引き継ぎ、更に「直下型広色域LED採用 ダイレクトピュアカラーパネル」を搭載することによって輝度を約75%アップ、色域を約14%拡大することで更に色彩を豊かに表現しているようです。

 Z8Seriesでは「直下型広色域LED採用ダイレクトピュアカラーパネル」の搭載とこれまでのZseriesのタイムシフトマシン録画機能に更にBS/CSを1CHをタイムシフト録画を可能としユーザーの要望に応えた充実した録画機能を搭載しております。

 私自身、両機種とも展示会で実機を見てきましたがパネルに映し出すその色彩の豊かさは勿論、光が照射する物体の映像表現や太陽の下の風景や空間を更に美 しく、広色域復元で更にリアルにその映像美を映し出していました。なによりもそのスリムフレームを使用したスタンドの機体デザインの美しさに感動です。

 Jシリーズ/Zシリーズ共に42型、47型、55型のラインナップです。