カテゴリ

カテゴリ:サービス関連

カテゴリ:
 近年、Kindle等の海外事業者の参入や楽天Koboからの発売等とともに電子書籍の市場も拡大し大手各社が電子書籍市場に次々と参入しております。見通しでは電子書籍市場は現在650億円市場ですが2016年には2000億市場規模になるとも言われています。

 今回はその電子書籍市場の一翼を担うアマゾンサービス『kindleの電子書籍自費出版』についてお話したいと思います。

 最近ではキンドルサービスの自費出版をKDP(Kindle Direct Publishing)と呼び注目を浴びています。自費出版といえば今まで費用がなく出版ができなかった、同人誌制作の方、小説家を目指されている方には注目の話題です。それではkindle電子書籍の自費出版の費用はいくらなのか、どのような手続きが必要なのか皆さんはご存知でしょうか?

 答えは全く費用をかけず比較的簡易な手続きで自費出版が可能なのです。

 では電子書籍出版のロイヤリティはどうなのでしょう。実際に紙で出版する場合ロイヤリティが7~10%といわれておりますが、KDPのロイヤリティは35%、条件付であれば70%までロイヤリティの確保が可能であり非常に高利益獲得が可能なようです。

 さて次にサービス手続きはどのような手続きが必要なのでしょうか。手続き自体は次の流れで行えます。

【kindleサービスを利用した電子書籍出版の流れ】

 1.アマゾンアカウント作成
 2.KDPアカウント作成
 3.KDP書籍登録
 4.電子書籍アップロード
 5.米国源泉徴収税控除の為の手続き

 KDPサービスを利用するための手続きはAmazonアカウントはもちろんKDPアカウントが持つことが必要です。KDPアカウント登録は次のサイトから進むことができます。
 Kindle Direct Publishingアカウント登録

 アカウントを作成した後はKDP書籍登録をネット上からその場で行えます。

 次に書籍作成するためのツールですがMicrosoftWordなどの使用が一般的のようですがテキストファイルであっても書籍化が可能となっているようです。その場合は『EPUB』と呼ばれる電子書籍規格ドキュメントに変換するツールを使用すると良いようですね。書籍化ツールに関しては検索をかけてみるといくつか見つかるようです。このライブドアブログでも有料プランでEPUB書き出しツールを備えていますので活用してブログを電子書籍出版をするのも良いのかもしれません。

 最後にロイヤリティ銀行振り込み手数料に関する源泉徴収税免除手続きに関しては、アマゾンは米国会社であり通常ロイヤリティ振込みの際に源泉所得税として30%程度かかってしまうことでせっかくの利益が税源泉徴収税によって減少していまいます。しかし米国に免除申請をすることで書籍ロイヤリティの源泉徴収税の免除が可能となり利益の確保が可能となるようです。

 簡単に『KDPによる電子書籍化流れ』を説明するとこのような流れになっておりますがいかがでしょうか。興味のある方はkindle自費出版に関する書籍等を購入して詳細についてご確認いただければと思います。
 小説家を目指される方、同人誌出版の方はこのサービスを利用し電子書籍出版に望んでみてはいかがでしょうか。この機会に私も『KDPサービスを視野に入れたビジネスモデル』について考えていこうかと。



カテゴリ:
Amazon.co.jpで新たに映像配信サービス「Amazonインスタント・ビデオ」ストアを開始しました。今回はそのサービスについてお知らせしたいと思います。

 Amazonインスタントビデオストアは国内の映画会社やテレビ朝日、TBSなどのテレビ局による15000以上の作品を含む26000本を越える国内 外の映画、テレビドラマ、アニメ作品を取り揃え10000本以上のHD(高画質)コンテンツなどをアマゾンストアからレンタル又は購入して視聴できる映像 配信サービスです。
 インスタントビデオのコンテンツはレンタルは安価なものでは100円~、購入は1000円からkindlefireシリーズAmazon.co.jpからレンタル・購入をしてお楽しみいただけます。
レンタルは30日間の保有期間があり、視聴を開始したら24時間以内または48時間以内は自由に視聴が可能であり視聴期間が過ぎると自動的にビデオはビデ オライブラリから削除される仕組みです。購入の場合は何度でもビデオライブラリから選択して無期限で視聴することができます。
 視聴方法はストリーミングとダウンロードの2種類があり、kindlefireシリーズでは両方が選択可能でインターネットに接続できない環境であって も事前にダウンロードをしておくことでいつでも見たいときに見ることが可能です。PCへの対応状況はwindows/mac共にストリーミングのみの対応 となっておりブラウザプラグインにMicrosoft Silverlightをブラウザにインストールすることで視聴することができます。
 画質の面ではkindlefireはSD画質、kindle fire HD/kindle fire HDXはHD高画質での視聴が可能となっており、PC端末ではwindowsOSではHD画質/SD画質、Macは映画はSD画質、TV番組はHD画質 /SD画質といった対応状況となっておりますがHD画質でストリーミング再生をするにはディスプレイがHDCPの要件を満たしている必要があります。その 為、ダウンロード対応等の面から見てもkindlefireHD/HDX端末で最大限に楽しめるサービスとなっているように感じられます。
 更にKindle Fire HDXなら、Miracast (大画面TVに無線でスクリーンを投影する機能) 対応のテレビにワイヤレスにタブレットのスクリーンを映しコンテンツをお好きなスクリーンで楽しむことが可能であり、kindlefireHD/HDXに 搭載されているドルビーデジタルプラスの効果によって臨場感溢れるサウンドと最適な音量でその映像を最大限に楽しむことができます。

 さて日本版アマゾンインスタントストアと米国版サービスであるAmazon Instant Video (Amazon VOD)との違いですが、米国版はアマゾンプライムユーザーにに対してコンテンツの一部が無料視聴可能になるというプライムユーザー優遇のサービスがあり プライムユーザーの会員を増やすことで小売りの売上増を図るためのプライムユーザー向け優遇サービスがあること、更にセットトップボックスからの映像配信 視聴、Blu-rayプレイヤー、Xbox 360といったゲーム機などさまざまなAV機器からアマゾンインスタントビデオが視聴できるようになっておりオンデマンドで映像をみることができるサービ ス展開を行っているようです。
 今後、おそらくは日本版でも米国版のAmazon Instant Video と同様のサービス展開をはかり様々なユーザー・様々なAV機器からアマゾンインスタントビデオの配信動画を楽しめるサービスへと拡張が期待できる映像配信サービスとなっているようです。

 ワンクリックでオンデマンドで楽しめる動画配信サービス「Amazon インスタンド・ビデオ」ストア、その映像をkindle fire HDXのMiracast機能によって見たいときにみれる環境をつくり大画面でその高画質と臨場感溢れるサウンドを体感してみたいと思う今日この頃です。

このページのトップヘ

見出し画像
×